どんよりして、今にも降り出しそう。
傘持ってこなかったし、急ぎ足で散歩しちゃおう。
と、犬にしゃべりかけて見上げた空は
黒い雲の上には白い雲、その中には青空が覗いていました。

雲

はっきりしない天候なのは、梅雨だから仕方ないとしても
何だか不気味な色だこと。

もし雷が鳴ると、畑で収穫中のたくさんの人たちは
あっという間に車で消えて行き
人っ子一人いなくなり
私1人と犬1匹は取り残され、雷の標的になるかもしれない恐怖に慄くのです。
こうなると、こんなに早く走れたかしらというほど
記録的な速さで走って帰ります。

どんよりな八ヶ岳

が、今日はどうやら大丈夫そう。
白菜が大きくなって、と覗き込む余裕はありました。
レタスや白菜が巻き込みながら大きくなって行くのは面白い様子です。

白菜

朝の雲

めちゃくちゃ走ったりしなければ涼しくて
野鳥の声なんて聞いているとつい眠くなってきてしまう今の時季。
新着記事一覧