瑞牆山

フクロウの太郎君に会えるかな~と期待して出かけました.
でも、何にもいない・・・・。
他の鳥も、スズメさえもいない・・・・・。
何回も往復して待っていたけど諦めました。

帰り道
瑞牆山に西日が当たって輝いていました。
まぁこれでも写真が撮れたからいいかな。

DSCN1953.jpg

DSCN1956.jpg


瑞牆山は、全山が黒雲母花崗岩で形成され
風化や浸食の影響を受け、独特の岩峰がそびえる景観になっています。
なのだそうです。

今年もタロウ

倶利伽羅様ありがとうございます!
太郎ではないかと思われると写真をお送りくださいました。
このおっとりの可愛い顔
カメラ目線
きっと太郎君だと思います。

tarou 1

倶利伽羅様のメールには
『一羽のフクロウが林の中でのんびりこちらを見ていました。
車を前に後にと移動させて枝が被らない写真をと動いていたら
車が道端の残雪を踏むバリバリという音がうるさかったのか
こちらに背を向けて飛んで行ってしまいました。
結構近い距離でしたが、最初は何度もこちらを見ては左右に首を振ったりしていました。』との事。

tarou 2

tarou 3

よく見つけてくださいました。感謝いたします。
家で飼っている子ではありませんが、家で生まれた可愛い子です。

太郎君、おばちゃん(私)は待っているよ。
おうちに戻っておいでよ~。



P2080081.jpg

今日は陽射しは暖かいのですが
日陰だと凍りそうに寒いです。

でも、太郎君に会いたいので早速行ってみました。
車でそろりそろりと走って探しますが
やはり端に積んだ雪が凍って、バリバリと音がして寄ってこない・・・・・。、
(上の八ヶ岳の写真は太郎のいるところではありません~~)
また来るからね。



今日の雪具合

この時季、雪があって極寒の嬉しくない頃なのですが
いまのところ、除雪はしない庭のみ雪が残って
駐車場は乾いています。

今日の天気予報は雨になっていますが
雪になるのかな?ならないといいな~。

P2050066.jpg

私にとっては雪無しが最高ですが
風景は寂しげです。

いつもなら川も完全に乗って、スケートが出来る(したことはありませんが)ほどカチカチなはずですが
端っこだけは凍っていますが
真ん中は流れが見えています。

P2050068.jpg

P2050069.jpg

そこそこの氷の厚みはありそうです。

P2050075.jpg

あっ、いいもの見つけた。

P2050076.jpg

川の向こう岸に生えている木の逆さ木々。
(木がさかさまに川面に写っている様子が結構素敵・・・良い感じ・・・)

P2050077.jpg

ど~ってことない風景ですが
美しい雪景色がない写真材料に困ってしまう毎日
本当にいいものみ~つけ!

P2050078.jpg

「氷の中から生えている木」です。

いよいよフクロウが

年末の「フクロウ」さん。
「残念ながら」というか、「そりゃそうでしょ」というか
私が撮ったのではありません。

お客様の『俱利伽羅』様が撮られたものを
くださいください!!とお願いして
今年の初フクロウで載せさせて戴きました。
俱利伽羅様ありがとうございます。

nobeyamaF.jpg

場所はひ・み・つ!です。
俱利伽羅様に「秘密」と言われたわけではありませんが
他の鳥見の皆様からもお聞きしたフクロウルールやマナーが
ちょっとね~という方もいらっしゃるようですので
むやみやたらとは教えませんよ~。

これは「家の」太郎君ではないのですけど
でもおっとりした感じが可愛いですよね。
早速探しに行かなくちゃ。と思ってはいます。


初日の出撮りました

長野県の日の出時間は6時59分。
お客様の朝食準備中ですが、何とか初日の出を1枚撮りたいなぁ・・・・。

一人で作る朝食作り作業はどんどん進んで
盛り付けも済み、ほとんどの作業ができましたので
7時半頃には外に立って日の出を待ちました。が

太陽は山を超えて昇ってきますので
まだちょっと早過ぎました。

DSCN1914.jpg

西の八ヶ岳は雲に覆われ、チラッと見えた赤岳は赤く染まりました。

まだかな、まだかな~と空を見上げたら
くっきりと良く見えるおもちゃのような(笑)飛行機がゆっくり横切り

DSCN1916.jpg

まだかな、まだかな~と山の上を見続けていたら

DSCN1925.jpg

ピカーッと輝いたのは7時49分でした。
1枚撮った!と直ぐに戻り朝食用意の続きです。

良かったわ。
初日の出が撮れて
これで「皆様あけましておめでとうございます」のご挨拶が出来ます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。